antiquerious weblog

antik.exblog.jp
ブログトップ
2007年 01月 11日

2007

5日からお店がはじまり早くも1週間が経った。

ボクも、友人らも、アンティークショーも元気。
お客さんも、メーカーさんもとても元気。

「年始」という雰囲気はボチボチ過ぎ去った気配。
お店も、自分もいい始まりを迎えられたので今年も楽しい年になるんじゃないかって。

先日長年の友人から結婚するという嬉しいニュースが電話越しに飛び込み、
「いついつ・・・あそこらへんで挙げて・・それで・・・」云々。
「そうかそうか、どこへだって行くよ!」と言いながら若干嬉し涙が込上げる。
今もだけど、友人との日々もボクらなりにドラマだったわけだし。
楽しいことや、嬉しいことを共有できるところが多い相手だけにハッピーだった。

2007年のはじまりから感動できていい予感します。

そして買い付けへも出かけたい。
買い付けがてらいろんなものを目に入れてセンス磨かないと。
国はまだはっきり決めていないけど、はじめて訪れるところがいい。
緊張感と期待感。
あとは昼飯を食べる時間さえ忘れるくらい可愛いものが目の前にあればボクは限りなくボクっぽくなれるから。

旅行もする。
凄く限られた日数になるんだろうけど、お気に入りのカフェでも発見して毎朝通ったり。
2回そういうことあるけど、けっこう普通にそういうときは幸せを感じます。
当たり前だけど、そういう時間は決して無駄じゃない。
ゆっくりした時間の中では単純なことが幸せに思えたりすることだってある。

いい予感がする。
また繋がりができたり、面白いことができたり。
何だか。

全然関係ありませんが、
占いに行こうかと思ってます。
ギリでね。
相手は父親の同級生。
一度行って来い、と。
太宰治似でよく当たる占い師だそうです。
聞く内容はもう決めてますが、その内容も聞く前に完璧に答える人です。

「貴方は今日○○と○○とでボクの所へ来たんだね」と。
恐・・・。
[PR]

by antiquerious | 2007-01-11 18:50 | untitled系


<< earth warming      優しいデザインも発見しました。 >>